hisano keitaro Architectural Design Office himalaya

建築家 久野 啓太郎のブログ

建築家 久野啓太郎のブログ。建築や仕事に限らず、何気ない日々の気になった事などを不定期につづっています。
おもちつき
1214茶屋2葉山の日本料理店、日影茶屋で年末恒例のおもちつき。




















1214茶屋1普段は入れないお庭でそろいの法被を着た若者が威勢良くもちをついていました。
つきたてのお餅はあんころ餅、きなこ餅、からみ餅として振る舞われていてとても美味しそうでした!
ほかにもお汁粉などもあって、私も是非食べてみたかったが、あまりの行列に断念。残念。。


海終い
0831逗子いろいろと話題を提供した今年の逗子海岸海水浴場もあっという間に海終い。
今年は健全な海水浴場が復活してとてもよかった。
昨年までは浜でのトラブル仲裁に忙しかったライフセーバーも今年は人命救助という本来の目的に邁進できたとか。

こうして写真をとると、まだ8月なのに、すっかり空が高く感じ、秋の気配すらも感じられてくるからいい加減なものだ(笑)

 
逗子海岸
0831逗子今年の海岸は一味違う。例年の荒れた治安を取り戻すため、海岸での飲酒、音楽が全面禁止されたのだ!酒類は海の家でのみ飲むことが出来、もちこみは禁止。音楽に至っては砂浜ではもちろん海の家でも禁止だ。
何も現状を知らない部外者やメディアはこぞってやりすぎだと批判的。海の家も自由の侵害だかと裁判ざたにまでなっている。当然客足も遠のき閑散とすると予測されていてその効果と経済効果のが危ぶまれた。
しかしだ。どうしてどうして週末の海は十分賑わっている。しかも子供や女性客も多く、とても健全な雰囲気だ。やはり海は酒を飲む事や音楽を楽しむことが目的ではないのだと強く感じる。この措置。ぜひ来年も続けて欲しい。
 
亀岡八幡宮例祭
0716お祭り昨日、今日と逗子の亀岡八幡宮のお祭りです。本祭の今日は神輿が町中を練り歩いてました。かついでいるのは逗子の商店街の人たちで、どこかでみかけたことあるんだけど誰だったかな〜と悩む顔が何人もいらっしゃいました(笑)
関東に住むようになってかなり長い事になりますが、どこの町でも規模の大小はあれ、地元に根付いたお祭りが必ずあって神輿がでます。私の地元の熊本には商店街が少なかったのか、そういった風習がほとんどなかったので最初とても新鮮でした。
いつか私も神輿を担いでみたいですね。
断熱
阿部邸現場木造住宅は寒いというイメージがありますが、
最近の木造住宅はとても高性能な断熱を求められています。昔の木造住宅とは大違いです。
写真は現在逗子で進行中の現場の写真です。壁の中はこんな感じで断熱されています。
壁板を張る前の状態ですが、膨れてぱんぱんになるくらい壁にも天井にもグラスウール断熱材が詰まっています。とても丁寧な仕事です!
いうなれば、家ごと布団にくるまれているようなものですよね。暖かいはずです。
注意しないといけないのは、グラスウール断熱材は湿気に弱いという点があります。
綿状になっていると長い間に吸湿してしまって断熱性能がおちるのです。
そこで、
湿気を通さない特殊なビニール素材で最初からラッピングされた製品を使います。