hisano keitaro Architectural Design Office himalaya

建築家 久野 啓太郎のブログ

建築家 久野啓太郎のブログ。建築や仕事に限らず、何気ない日々の気になった事などを不定期につづっています。
<< nibroll「リアルリアリティ」 | main | ホンマタカシ展 >>
「丹下健三が見た丹下健三」展
0123tange2乃木坂のギャラリー間で開催されている「丹下健三が見た丹下健三」展に行ってきた。丹下健三自身が自ら設計した建物を撮影したネガをそのまま印画紙に焼き付けたコンタクトの展覧会。
自身の手による書き込まれたトリミングの線などは自信に満ちているのもあれば、悩ましく書き直しを繰り返したものもあって人間丹下が伝わってくる。
とはいうものの、、、











0123tange1正直、展覧会、ギャラ間にはめずらしく展示構成が悪く、とても見にくい!コンタクトの展示なので画像が小さいのはよいとして、ルーペがあっても照明がピンスポットのため、ルーペの中が暗くて肝心の画像が見えない。なんのためのルーペなんだろう。
展示台の高さも妙に低く、ずっと腰を屈めて小さいコンタクトシートを 覗き込むのでとても疲れた。

写真としての美しさや被写体となった建築物の魅力を感じるというよりも、建築家自信が何を気にして撮影しているかということに展示の重点がおかれているので、そもそも、写されている建物や被写体のさまざな背景を知らないときっと楽しめない。建築家相手に特化した展覧会だからよいのだろうが、一般の方にはおすすめできない。
ただ、中庭から見た写真パネルと月の出た夕景は美しかった。