hisano keitaro Architectural Design Office himalaya
Blog

建築家 久野 啓太郎のブログ

建築家 久野啓太郎のブログ。建築や仕事に限らず、何気ない日々の気になった事などを不定期につづっています。
<< 「もっとSEXY harajuku」展 | main | 9月の逗子海岸 >>
Parametric Move 動きをうごかす展
0621山中展1
東京大学生産技術研究所S棟で開催された、山中研究室プロトタイプ展1018「ParametricMove 動きをうごかす展」に行く。せっかくの面白いプロダクト系のイベントだったのに、なんとiPhoneを忘れて訪れてしまい、、展示会場での写真が一切ないという大失態。ここは展示会場の建物も遠藤克彦氏と、みどころ満載だっただけに本当に大失敗。
私たちの身の回りのモノの多くは、動きます。その動きは誰かがデザインしています。最も心を配る作業は、動きの調整です。動き始めるタイミング、動きの速さや大きさ、応答時間、あるいは動きだしの滑らかさや、止まる瞬間のゆらぎ。美しい動き、自然な振る舞いを求めて、デザイナーたちは様々な要素を調整してゆきます。
この言葉の研究の一端として、細かな動きの調整が可能なさまざまなモデルが展示されていました。実際に小さなツマミをうごかして調整できるのですが、その調整の変化と結果としての動きの変化と印象の変化が、予想外かつ意外でその関連性を感じられてとても興味深かった。
とはいえ、この展示はやはり動きをみないとなんとも伝わらないので、こちらのオフィシャルのインスタをぜひ見てください。

https://www.instagram.com/explore/tags/山中研究室プロトタイプ展2018/

 

せっかくなのでパンフレットの画像を一部だけ。

0621山中展2
0621山中展3