hisano keitaro Architectural Design Office himalaya
Blog

建築家 久野 啓太郎のブログ

建築家 久野啓太郎のブログ。建築や仕事に限らず、何気ない日々の気になった事などを不定期につづっています。
石打ダム資料館

0303石内ダム資料館

入江経一氏の設計による。くまもとアートポリス事業として1993年に竣工。工事費は2億4700万円。宇土半島の水をまかなっている石打ダムを学び紹介するための施設である。
ずっと訪れたいと思っていたが結構不便な場所にあるためなかなか行けず、念願の訪問となった。建物は緑深い山中に位置し、細い林道を長い距離走ったところに突然あらわれる。この日が雨だったことや場所の雰囲気でだいぶ廃墟感が漂っていたが、竣工後かなりの年数がたっているわりに建物が荒れた感じは少なく、むしろそれが独特な雰囲気となっていてかっこよく魅力的だった。コンクリートと鉄骨という重量感の対比が効果的だ。内観は外観から想像していたそのままの空間で意外性はない。また、思った以上にコンパクトな建物で機能もエントランスホールがそのまま展示スペースというとてもシンプルな施設だ。逆にいうと実に贅沢な施設ともいえる(笑)もっと展示を工夫したりイベントを企画したりして活用すればよいのにと思う。
宇土マリーナハウス

0303宇土マリーナ

くまもとアートポリスのちょっと懐かしい作品群を見に三角方面を車でまわる。
吉松秀樹+アーキプロの設計によるマリーナハウス。アートポリス事業のひとつで1998年竣工。当初は国体ヨット会場の管理施設を核としたマリーナパークとしてウォーターフロント開発的視点から計画されている。現在では道の駅のメイン施設となっている。
あちこちに吹抜空間や屋外への抜けがもうけられた複雑なボリューム構成や、微妙に角度をずらした線など時代を反映したデザインではあるが、今でもとても面白い空間構成が見て取れる。外観ではガルバリウム鋼板立てハゼ張りのえんじ色と茶色の縞模様が目をひく。個人的には色の選択が少々安っぽく感じた。それよりも、海沿いという立地での金属系の素材の選択、そして複雑なディテールの発生する建築計画はメンテナンスの難しさもあいまって経年劣化を促進してしまっている。写真ではわかりにくいが実際にはかなり荒れていて廃墟感がただよっていた。このままの計画でボリュームの立体感をそのままにRC系の仕上げとするだけで効果的でもう少し違った姿になったのかもと思う。
alfa159 V6 3.2
0301alfa159
絶好の洗車日和。ボンネットをあけるとV6エンジンは大きなカバーに覆われていて残念ながら155のようなエンジンまでデザインした感はない。それでも独立した三連ヘッドライトや1本ルーバーなどアルファデザインの伝統のモチーフが現代的にアレンジされていて、とてもかっこいいなぁ。と、ウエス片手にニヤニヤしてます(笑)
お墓の復旧

0228墓石熊本地震からもうすぐ2年。ようやく倒壊していたお墓の手直しができるようになりました。忙しかった石材屋でやっと順番がまわってきました。お墓の石材は建築とはちょっと勝手がちがってあまり選択肢がなく、墓石として一般的な黒御影や白御影がほとんど。それでもその中から化粧などに使われるブルーパールがあったので、それで墓石全体を作ることにしました。

ブルーパール、、懐かしい響きです(笑)京都駅などの現場では壁面を石張りでデザインしていました。その時に特別な場所に使う石としてよく登場していた石種なのです。一見、黒いのですがその中の青い雲母状の模様が角度によってキラキラと輝いてとても上品で奇麗な石です。

紅梅
0226紅梅熊本の実家では梅の花が満開。ここのところ暖かい日が続いているので、ほどなく桜の開花も近いのではないかな。
ニブロール「コーヒー」再演!

nibroll

2002年に初演を迎え、その後世界各地で上演された
ニブロール初期作品「コーヒー」が
16年の時を越え、オーディションで選ばれた新しいメンバーと共に
横浜ダンスコレクション2018のオープニングプログラムとして上演されます。
「コーヒー」
2018年2月2日(金)ー2月4日(日)@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
チケット予約は → http://yokohama-dance-collection.jp/ticket/
大雪の逗子海岸
0122大雪
予報通り関東地方は大雪になりました。逗子海岸も真っ白。わざわざ写真撮影にいくのもどうかとも思ったけど、海岸は以外と人が多く、同じく写真撮る人や雪を楽しむ子供たちがたくさんいました。
逗子海岸

逗子海岸

穏やかな新春の天気のもと、逗子海岸まで散歩。人もすいていたので砂浜をダッシュで往復してみるが、、、もう、自分の想像以上にすぐに息があがってしまい、足もあがらない。。。
今年は運動せねばと新年早々身にしみました(笑)
アトリエファイ訪問
アトリエファイ訪問
今年は年始の挨拶に久々にアトリエファイを訪問した。原先生、若菜さんには地震やその後の家族のことなど、いろいろと心配をかけた上、気にかけていただいたこともあり、近況報告もかねてお礼に伺った。原先生はしばらく体調を崩されていたという噂を聞いていたが、久々に話しをしたお二人はとても元気そうで変わらずエネルギッシュでした。
神田サオリ LIFE PAINTING

神田サオリアートいつもお世話になっているASJの東京セルで、友人の踊絵師、神田サオリさんのイベントがあったので見に行ってきた。その場で書き上げられたばかりの作品がこちら。タイトルはまだない。


神田サオリ彼女の作品の展覧会は何度か見に行っているが、真骨頂でもあるライフペインティングは初体験でした。イベントスペースには照明やDJブースなどが設置されちょっとしたステージができていて、そこにキャンバスがおいてある。時間になると、照明が変わり音楽に合わせ入場。真っ白なキャンバスに踊りながら素手で色をのせていく。一時間ほどで書き上げられた。音楽に合わせ、気持ちを豹意させながら書くその様はちょっとした儀式のようでもあった。